HOME>アーカイブ>会社員が健康に働くためには、診察が必要です。
カウンセリング

健康を維持する必要性

常に特殊な環境で働かなければならない会社員が、安心して仕事に集中するには産業医の診察が欠かせません。現在の経営では会社の規模に合わせて産業医を選任しなければなりませんので、必要に応じて優秀な人を紹介して貰えれば安心です。医師が産業医になるには、厚生労働大臣が定める研修の修了者や、労働衛生コンサルタントの試験に合格した人など、一定の条件をクリアしていなければなりませんので、直ぐに選任に適した人が見付かる保証はありません。特別な資材や薬品を使い商品を生産したり、自然環境の中での就労であれば常に過酷な条件と隣り合わせですから、体調が悪くなれば直ぐに医師の診断が必要です。もしも、速やかに産業医が選任出来ないと仕事をさせることが出来ませんので、事業者は常に紹介をして貰える環境を作ることはとても大切です。

確りしたサポート

会社の経営に欠かせませない産業医は、紹介をして貰える企業を活用すれば速く見つけることが可能ですが、さまざまな雇用携帯がありますから事業者は事前に確認することが大切です。仮に名前だけの選任登録になってしまうと、会社員が体調不良の場合に適切な診察が受けられませんから、事業者は責任を持って探さなければなりません。産業医の紹介に掛かる費用は選任時に十万円前後で、それぞれ年間に六百万円以上は報酬を支払わなければなりませんから、まとまった資金が必要です。また、派遣の時間で金額が決まっていたり、年間契約であったりと報酬はさまざまですから、産業医に掛かる費用はそれなりになります。事業者の判断で変わる産業医の選任ですから、確りと考えて決めることがとても大切です。

広告募集中