HOME>記事一覧>どういった形態で契約をするかという事が大切

目次

今注目されている理由には何があるのか

バインダー

現在、職場において従業員の健康を守るための取り組みとして産業医を配置する事が求められています。従業員が50人以上の職場で配置が義務付けられるようになった事や、近年の職場における健康管理の在り方が見直された等といった理由から、様々な所から産業医を紹介して貰うケースが増えています。

主に何をしてくれるのか

診察

産業医の職場における役割は、労働環境の改善や業務と病気の因果関係の判定等になります。他にも産業医の職場においての役割は様々で、自分の職場にどのような分野に詳しい産業医が必要かという事を精査してから紹介を受けるといった事が職場環境の改善の第一歩になります。

勤務形態の違いも知ろう

産業医の勤務形態には、自社専属の契約を結ぶ専属産業医というものと、複数の企業や勤務医との掛け持ちで月に数回自社での問診等を行う嘱託産業医という形態があります。職場の規模により、専門産業医を最低1人契約しなければならない場合もありますので、紹介を受ける際にはそうした点にも注意しましょう。

どういったルート見つければいいのか

産業医選びの際に1番重要になるのが、どのようなルートで紹介を受けるかという点です。産業医の紹介のルートとしては、医師人材を専門に行っている紹介会社や地元の医師会といった会社や組織等から紹介して貰うという例が多いようです。そういった所であればこちらの要望に合った産業医を紹介して貰える場合が多いですが、会社の従業員や経営者等とのコミュニケーションの事を考えた場合、従業員の人脈から産業医を選任した方が良い場合もあります。対応業務のマッチングで選ぶか、従業員等との折り合いを選ぶか慎重に選択しましょう。

広告募集中